外科はスキルを磨きたい看護師にとって魅力的!

 看護師にとって魅力のある現場といわれるのが外科である。患者の経過観察や投薬、手術前後の検温や準備、リハビリから精神的ケアなどに至るまで、様々な職務に当たる。また、外科と言っても、その内容は多岐にわたる。

 例えば、消化器外科では、人体のほとんどの臓器を扱うため、幅広い知識や看護の技術などが問われることになる。それに加えて、患者の層も子供から高齢者までと幅広いので、それぞれの患者の年齢や病気の進行状況に配慮した処置や応対に迫られることになるだろう。また、臓器を扱う科目にはガン患者も多く、患者本人のケアはもちろん、患者の家族の精神的ケアなどにも気を配る必要がある。

 それから、循環器外科では静脈瘤や動脈瘤、開胸手術など大きな手術が必要な患者に内応することが少なくない。循環器外科は投薬やカテーテル検査及び治療など、内科で対応できるものを除いた比較的重い症例を扱うことになるので、責任が重い職務になる。病気の性質上、迅速な判断と適正な処理を望まれる職場なのだ。また、呼吸器外科では慢性期を扱う内科とは異なり、急性期の病気を扱うことになる。肺がんなどの手術適応の腫瘍や術後の合併症や気胸などが主な対象になる。

 このように、外科には病状が重く、容態が急変する患者もいるので、観察力を磨き、迅速かつ適正な処置を求められることが多いのが特徴だ。医師の仕事をサポートし、看護技術を学び、経験して、習得できる機会も増えるので、外科は看護師のスキルアップに最適な部署と言えるかもしれない。