特殊な環境で働ける外科の魅力について

 看護師は外科で勤務経験を積むと、入院や退院に関する基本的な仕事を習得し、手術の前後で医師の仕事をサポートする能力も身につく。この経験を生かすと転職の際に、様々な職場を選ぶことができるため、自分にとって働きやすい待遇が揃っている職場や、最先端の治療を行っている病院に転職することも可能だ。また、特殊な職場で働けるようになるのも魅力の一つであり、人によっては今まで現場で抱えてきた悩みを解決するのにも役立つだろう。

 外科での勤務経験があると、整形外科での勤務も選択できる。整形外科は怪我や病気によって発生した骨折などの身体的な問題を治療したり、リハビリテーションを行っていく診療科目だ。そのため、患者の多くは、命に関わる様なリスクを抱えていることは少なく、意識の疎通もしやすいのが特徴である。ターミナルケアに悩まされたり、緊迫した状況での看護に苦労したり、精神を患っている患者の対応に困ってきたりした人にとっては、働きやすい環境かもしれない。

 また、美容外科や美容皮膚科のように、来院する人が健常者である職場を選ぶことも可能だ。何としてでも解決しなければならない病気や怪我をしているわけではなく、より美しくなるために医師の指導の下で適切な対処をして欲しいという人を看護する仕事は、治療を行うケースに比べると看護師としての責任の重圧も軽減されるだろう。 

 このような特殊な職場で働くことは、看護師という重圧に悩む方にとっては、問題を解決できる可能性を秘めている。重篤な患者のケアに疲弊している看護師は、外科という選択肢に注目してみてはどうだろか?