オペ室勤務はスキルが高まりやすい!

 医師のサポートは看護師の職務の一つとして重要である。外来診療や病棟管理などでも医師の指示に従ってサポートを行うが、医師の立場から見ても重要なのが、オペ室でのサポートだ。内科でも簡単な手術を行うケースが増えてきているが、外科では特にオペの頻度が多いので、看護師の重要性も高い。

 オペの内容はケースによって様々だが、高度な技術を必要とし、時間もかかる手術が多くなっている。そのため、外科で働くオペ室ナースには、知識もスキルも必要とされる傾向が強い。オペの前処置だけでも多岐に渡るため、専門科目によっては何年働いていても、今まで経験したことがないような前処置をする場合も生じることがあるだろう。

 また、オペ室ナースは、患者に手術内容について不安を抱かないように詳しく説明することもしなければならない。オペのときには患者を運ぶだけでなく、医師が手術を行うための医療器具を準備したり、適切な医療機器を臨機応変に使えるように配備することも必要になる。このような準備は基本的には医師の指示に従って行うものだが、現実的には看護師任せになっている現場も少なくない。そのため、外科で働いているとオペ関係のスキルが飛躍的に高まる。その対応力の高さは汎用性があり、外科から内科に変わっても使えるのが一般的である。

 「どこに行っても通用する看護スキルを習得したい!」という看護師は、早い段階で外科でオペ室勤務を希望することをおすすめしたい。そうすれば、内科・外科を問わず、どんな部署でもマルチに活躍できるようになれるだろう。