適性の有無が重要な外科勤務

 専門科目を看護師が決めるときの考え方として、外科と内科に分けて考えることがよくある。外科と内科では看護師に求められるスキルに違いがあり、学ばなければならない知識も異なってくる。さらに、細かくどの診療科を専門とするかでも仕事に大きな差が生まれるだろう。そのため、まず外科と内科とに分けて考える看護師が多いのだ。

 外科を選ぶメリットとしてよく着目されているのが、看護師として成長できる点だ。現場ではスピードを必要とする仕事が多いのが特徴であり、看護師は手際良く仕事をしなければならない。速やかに処置をしなければ状態が深刻化する恐れがあるからだ。外科では、手術が必要な救急外来の患者を受け入れることも多くあり、看護師は一刻を争う状況で素早く正しい処置をしなければならないことが頻繁にある。その結果、短い期間で豊富な経験を積みやすく、成長しやすいのだ。

 また、外科には老若男女を問わずに幅広い年齢層の患者が来院することから、柔軟な対応力も要求されやすい。しかも、手術がうまくいかない場合もあるため、気持ちの切り替えも重要になるため、看護師として外科への適性があるかどうかについては、慎重に検討してほしい。

 適正がないのに外科勤務をスタートさせると、責任の重さや現場の忙しさに心が折れてしまいかねない。そのため、もしも転職を考えているのなら、看護師の転職に特化したエージェントなどを利用して、ヒアリングを受けたり、適性検査などを受けてみてはどうだろう。